メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

JA山武郡市の概要

ホーム > JA山武郡市について > JA山武郡市の概要

JA山武郡市の概要

ごあいさつ経営理念・基本理念組合概要子会社

ごあいさつ

JA山武郡市 土屋組合長

地域の農業と社会に貢献するJAを目指して

このたびは、JA山武郡市のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

JA山武郡市は、千葉県九十九里平野中央部に位置する大網白里市、東金市、九十九里町、山武市、芝山町、横芝光町(旧光町を除く)を管轄とする広域JAとして平成7年3月にスタートしました。

わたしたちは、組合員をはじめ、地域の皆さまの参加により、未来を展望した協同組合活動を積極的に展開しております。農家・組合員と地域の皆さまとの「共生」を目指し、地域農業の発展と快適な暮らしを守る活動、地域づくりの実現に向けて努力しています。

当JAでは昨年、2019~2021年度を実践期間とする「第8次中期経営計画」を策定しました。本年も引き続き農業振興計画とともに実践することで、「農家の所得向上」「地域の活性化」「組合員・利用者サービスの向上」を実現させるため、農を基軸とした経営基盤の確立と、利用者満足度の向上を図るとともに、地域の農業と社会に貢献できる事業展開に役職員が一丸となって取り組んでいく所存です。

今後とも、JA山武郡市へのなお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

このホームページをきっかけに、より多くの皆さまにJA山武郡市の取り組みについて知っていただき、親しみを持っていただければ幸いに存じます。

2020年3月
代表理事組合長 土屋 秀雄
 

経営理念・基本理念

経営理念

JA山武郡市は、地域農業振興を通じ、こころ豊かな社会の発展と、活力ある地域づくりに貢献してまいります。

基本理念

「農家の所得向上」「地域の活性化」「組合員・利用者サービスの向上」を実現するための、農を基軸とした経営基盤確立と利用者満足度向上へ挑戦してまいります。
 

組合概要

わたしたちは、組合員をはじめ、地域の皆さまの参加により、未来を展望した協同組合活動を積極的に展開しております。農家・組合員と地域の皆さまとの「共生」を目指し、地域農業の発展と快適な暮らしを守る生活活動、地域づくりの実現に向けて努力しています。

名称 山武郡市農業協同組合
代表者 代表理事組合長 土屋 秀雄
本所所在地 山武市和田375-2(地図はこちら)
設立 平成7年3月
管轄地区 東金市、大網白里市、九十九里町、山武市、芝山町、横芝光町(旧光町を除く)
出資金* 47億5千万円
組合員数* 21,924人(正組合員:12,366人/准組合員:9,558人)
役員数* 42人
職員数* 369人(正職員:319人/営農指導員:25人/准・契約職員:25人)
事業所数 本所1、支所17、営農・経済センター7、機械センター1、集出荷センター1、福祉センター1
(2020年6月29日現在[*の値は2019年12月31日現在])

■機構図はこちら(PDFファイルを表示します)
 

子会社

株式会社さんぶ

代表 中村 祥男
所在地 【成東本店営業所】山武市津辺258-1
【大網白里支店営業所】大網白里市柿餅40
【JA斎場豊成】東金市中野632-1
【JA斎場ひゅうが】山武市椎崎1100-12
【JA斎場おおあみ】大網白里市柿餅40
設立 昭和63年9月30日
主な事業内容 葬祭事業
資本金 4,500万円
役員数 8人(うち組合役員との兼職者4人、うち組合職員との兼職者3人)
社員数 22人
(2019年12月31日現在)

このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了