メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

JA自己改革の取り組み

ホーム > 組合員向け情報 > JA自己改革の取り組み

JA自己改革の取り組み

平成28年4月に「改正農協法」が施行されました。JAグループでは、法律の改正に対応した改革を進めているところですが、これに加えて、「農業生産の拡大」「農業者の所得増大」「地域の活性化」を目標とした独自の改革(「JA自己改革」といいます)に取り組んでいます。

JA山武郡市では、平成28~30年度に第7次中期経営計画および農業振興計画を実践してまいりました。第8次中期経営計画(平成31~令和3年度)では、第7次中期経営計画の基本理念である「農家の所得向上」「地域の活性化」「組合員・利用者サービスの向上」を踏襲し、新たな施策を展開することで、「地域農業とともに発展するJA」を目指しています。

取り組み経過のご報告





JA自己改革実践状況のご報告(令和元年5月発行)
(↑PDFデータが表示されます↑)




中期経営計画と農業振興計画に基づく取り組み

中期経営計画、農業振興計画に関する情報はこちらをご覧ください。

「JAの自己改革に関する組合員調査」集計結果(2020年9月30日更新)

JAグループでは、JA自己改革の取り組みついて、組合員の皆さまからの評価をいただくため、平成30年12月から令和元年12月まで、「JAの自己改革に関する組合員調査」を実施しました。

このたび、皆さまからいただいた調査結果を最終結果としてご報告いたします。

★集計結果(JA山武郡市版) ※広報誌「かがやき」10月号掲載

★集計結果(JA山武郡市・千葉県比較版)

(↑それぞれPDFデータが表示されます↑)


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了