JA山武郡市

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トピックス

2020.12.10

品質良好!「九十九里海っ子ねぎ」出荷中

海水をかけて育てるJA山武郡市のブランドネギ「九十九里海っ子ねぎ」が1120日、山武市の第三集出荷センターで初出荷を迎えました。

今年は長梅雨や夏場の高温・乾燥などの影響で、生育がやや遅れているものの、10月下旬以降の好天により、作柄は回復してきています

生産者の一人は「今年は台風被害もなく、品質の良いネギができた。おいしい海っ子ねぎを多くの消費者に味わってほしい」と話しました。

今年度は生産者15人が8.4ヘクタールで栽培に取り組んでいます。来年4月中旬までに52,000ケース(1ケース5キロ)の出荷を見込んでいます

◎「九十九里海っ子ねぎ」の詳細はこちら


「九十九里海っ子ねぎ」を出荷場へ搬入する生産者