JA山武郡市

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トピックス

2021.04.22

甘くておいしい「大玉スイカ」味わって!

JA山武郡市園芸部西瓜部会は4月23日、大玉スイカの出荷を開始しました。今年産は天候に恵まれ、気温が高かったため、生育が順調に進み、作柄は良好です。

前日には、目揃え会を芝山町の同JA芝山経済センターで開き、部会員、種苗メーカー担当者、JA職員ら25人が参加しました。選果基準を確認した後、試し切りや糖度検査を行い、成熟具合を確認。糖度は出荷基準の11度を超え、例年並みの甘いスイカに仕上がりました。

今年産は、部会員36人が約16ヘクタールで栽培。出荷は5月中旬からピークを迎え、7月中旬までに6万ケース(1ケース約15キロ)を見込んでおり、東京都や北海道など全3市場に出荷するほか、首都圏のスーパーへの直接販売も行います。

井上俊也部会長は「今年も品質はとても良い。甘くておいしい『さんぶのスイカ』を多くの人に味わってもらいたい」と話していました。

▲目揃え会で部会員らが選果基準を確認