JA山武郡市

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トピックス

2021.07.07

JA運営にさらなる女性の参画を

女性部は7月7日、JA役職員との相互理解を深め、JAの事業運営と一体化した女性部活動を行っていくことを目的に、対話集会を開きました。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止により中止したため、2年ぶりの開催。本所と支所をインターネットで繋ぎ、女性部の本部役員と支部長、JA役職員ら36人が参加しました。

女性部員からは、JAの事業運営や施設に関する質問・要望のほか、フレッシュミズ世代や青年部との交流についての意見が挙がりました。それを受け、JA役職員はJAの方針、将来の展望を踏まえた意見を述べ、建設的な対話集会となりました。

土屋秀雄組合長は「地域の農業とJAが継続的に発展していくためには、女性の参画が欠かせない。今後も互いの理解を深めるとともに、女性の視点や感性をJA事業に反映させていきたい」と話しました。

意見交換を行う女性部員とJA役職員