JA山武郡市

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トピックス

2021.07.16

カメムシ発生調査で適期防除を呼び掛け

JA山武郡市は、米の格付け等級の低下を引き起こす斑点米カメムシ類の発生状況を確認するため、7月16日に早生品種、28日に晩生品種を対象に、すくい取り調査を行いました。

営農指導員が中心となり、管内65圃場を調査。
早生品種では大型カメムシ類が全体の80%を占め、1圃場当たりの平均捕獲数は4頭でしたが、20頭以上捕獲した水田もありました。
晩生品種の平均捕獲数は空中防除などを行った経過もあり、約1頭でした。

調査結果は営農情報メールで生産者へいち早く配信し、適期防除を呼び掛けました。

▲発生状況を確認するJA職員