JA山武郡市

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トピックス

2021.10.25

「さんぶのお米」ナンバーワンが決定!

水稲部会は10月25日、「令和3年産 米の食味コンクール」の最終審査会を本所で開きました。
最優秀賞に、東金市福岡地区の飯田広一さんが輝きました。

同コンクールは「消費者に喜ばれ、おいしいという感動が生まれる米作り」に向けた生産者の意識高揚と、「さんぶのお米」のイメージアップが目的。
入賞者の施肥設計はコンクール参加者全員で共有し、生産技術の向上に役立てます。

今年度は「コシヒカリ」143点が出品され、1次審査で米成分分析計を用いた品質評価値を測定。
2次審査では千粒重・整粒歩合を審査し、上位6点を選出しました。
最終審査では、山武農業事務所やJA全農ちばの職員、米卸売会社の担当者、同部会役員、JA役職員ら12人が食味官能審査を行い、外観・香り・味・粘り・硬さを評価しました。

審査員の一人は「どれも品質が良く、甲乙付け難い、おいしいお米だった。それぞれの生産者がこだわりを持ち、試行錯誤して作られたお米だと感じた」と講評しました。

入賞者は次のとおりです(敬称略、カッコ内は地区名)。

最優秀賞=飯田広一(福岡)

優秀賞=三枝正和(正気)、秋本隆男(東金)

優良賞=金杉努(蓮沼)、平山和夫(千代田)、岩佐哲敬(大網)

▲食味官能審査を行う審査員